現在のページ : ホーム

進学塾が増えている

この数年で全国各地に進学塾が増えています。
そのため全国的に偏差値等も上がってきているのですが、中学受験や高校受験に向けて学力を力アップさせたいと思っている子供が通っています。
進学塾というのは単純に塾の勉強をするだけではなく自宅に帰ってからでも次の塾での事業までの間にしっかりとした勉強ができるように、テキストが配られたり大量のプリントが配られたりすることもあります。
基本的には一週間に1回の授業となっているのですが、この一回の授業の中で複数の授業を受けることも可能になっており、さらには夏期講習や冬期講習年末年始の講習などと寒さの時間を使いながら徹底的に勉強していく塾になっています。
そのため和気あいあいとした雰囲気はあまりなく、それぞれが競合しあい学力を伸ばすためにライバル視をしているという傾向にあります。
もちろん講師側もこのような雰囲気作りをするため様々な努力をしているのですが、無理に学力を伸ばすため、親御さんが進学塾に通わせたいと思っていても周りの学力について行かれないお子さんは塾そのものが苦痛に感じてしまいますので、レベルに見合った塾を選ぶようにしましょう。
進学塾にもそれぞれ特徴があり、予習に力を入れているところや復習に力を入れているところなどがあります。
お子さんにはどちらの塾があっているのかをしっかり判断した上で通わせる塾選びをしてあげましょう。
塾そのものが負担になってしまうようでは、学力アップを期待することはできませんので本人のやる気を引き出すことができるような塾に通わせることが大切です。

[外部リンク]
進学塾で塾講師として働きたい方向けの求人サイトです >>> 塾講師